日本人が歯医者へ足が遠のく理由の一つに「麻酔時の痛みが苦手」という事があります。昔の歯医者のイメージと違い、現代では痛みを軽減する様々な材料・機材が導入されつつあります。

無痛麻酔のステップ

表面麻酔ジェルを歯ぐきに塗る

表面麻酔ジェル

歯ぐきの表面に塗布タイプの麻酔ジェルを塗ります。そうすると歯ぐき表面が麻酔成分で麻痺し、注射針の刺激を軽減することができます。個人差もありますが、チクッとした感覚がなかたっとの感想を持たれる方がほとんどです。

麻酔液を事前に温める

麻酔液

麻酔液を人肌の温度に事前に温めて使用します。特に冬場は事前に温めるようにしております。ぬるま湯の塩水だと鼻に入っても刺激が少ない様に、歯ぐきの中にも同じようなことが言えます。

極細の針を使う

極細針

麻酔針の規格サイズで一番細いとされる33ゲージという数値の極細針を使用します。一般内科などの採血で使用されるサイズが20ゲージ、この数値が高くなるほど針は細くなります。

自動麻酔注入器でゆっくりと麻酔液を流し込む

アネジェクト2

コンピュータ制御の注射器「アネジェクト2」を導入しています。ペンタイプの第二世代の機種で麻酔液をゆっくりと一定の圧力・速度・量で注入していきます。

人間の手による注射はどうしてもムラがあるために開発された自動注射器なのですが、当院では手動の麻酔でも「痛い」と言われたことはありません。

以上のステップで麻酔を行い、麻酔が十分に効くまで時間を取り、その後治療をスタートします。

ぜひこの無痛麻酔のシステムが、皆さまにとって歯医者さんに足を運ぶキッカケになってくれたならば嬉しく思います。

ご予約・お問い合わせ 03-6407-0229 9:30-13:00 / 14:00-18:30 土曜16:30まで
[ 休診日 ] - 水日祝
診療予約 無料メール相談 無料カウンセリング予約
診療時間

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町27-7 SARA 1F

train小田急線「代々木八幡駅南口徒歩 4
東京メトロ千代田線「代々木公園駅」1番出口(代々木八幡方面)徒歩 5
小田急線・千代田線「代々木上原駅徒歩 8